トピックス

Topics お姉さん

モンテッソーリ教育とは?子どもの能力を最大限に引き出す方法



モンテッソーリ教育は、子どもたちが自らの能力を最大限に引き出すための教育方法です。
今回は、モンテッソーリ教育の基本的な考え方や実践方法について詳しく解説します。
ぜひ本記事を参考に子どもの教育方法について考えてみましょう。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、イタリアの医師であるマリア・モンテッソーリが開発した教育方法であり、子どもたちが自ら学び、自らの能力を最大限に引き出すための教育です。
モンテッソーリ教育は、以下のような基本的な考え方に基づいています。

  • 子どもは自らの意欲や能力を持っている
  • 子どもは自己学習能力を持っている
  • 環境が子どもの学習や成長に大きな影響を与える
  • 子どもは自分で自分を育てることができる

このような考え方に基づいて、モンテッソーリ教育では、子どもたちが自らの能力を最大限に引き出すために、自主性や自立心を育むアプローチが取られます。

モンテッソーリ教育の5分野

モンテッソーリ教育には、発達段階に合わせた5つの分野があります。

  • 日常生活教育
  • 感覚教育
  • 言語教育
  • 算数教育
  • 文化教育

以下でそれぞれ詳しくみていきましょう。

①日常生活教育

モンテッソーリ教育における日常生活の分野とは、日常生活での練習のことです。
そして、日常生活におけるモンテッソリー教育の目的は「子どもが自分の体を意志どおりにコントロールする能力を身につけること」です。
特に1~2歳の子どもは運動の敏感期にあたり、大人のマネをし、体の動かし方を学ぶことで手指など体をコントロールする力を身に付けます。

②感覚教育

モンテッソーリ教育では、3~6歳の間に多くの感覚器官が発達することから「感覚の敏感期」としています。
感覚の敏感期となった3歳以降の子どもは、外界からの感覚刺激に対して敏感になります。
感覚教育では、「感覚の敏感期」を利用して意識的に感覚器官を使った遊び・練習を実践します。

③言語教育

子どもは本来言語を持って生まれません。
そのため、子どもは「言語の敏感期」により、周りの環境や言語によって「母国語」を習得していきます。
モンテッソリー教育の言語教育では、子どもの言語能力の発達に合わせて、「読む」「書く」「話す」力を身に付けるサポートをします。

④算数教育

子どもが数字や物の大きさ、量などに興味を示す時期は「数の敏感期」とされています。
算数教育では主に算数教具が使用され、数量について学んでいきます。

⑤文化教育

文化教育では、上記「言語」や「数」以外の子どもが興味を持つ幅広い分野をさします。
例えば、社会や理科、美術や音楽などが挙げられます。
子どもは幅広い分野に触れることで好奇心を育むことができます。

教育現場におけるモンテッソーリ教育の内容

モンテッソーリ教育では、教室内にさまざまな教材を配置し、子どもたちが自由に選び、自らの興味や関心に基づいて学ぶことが重要視されます。
教材には、物質の性質や形、色、音、味、においなど、子どもたちが五感を通じて学びやすいものが使用されます。
また、モンテッソーリ教育では、教師は子どもたちの自主性を尊重し、指示や介入を最小限に抑えます。
よって、子どもたちは自ら学び、自己判断力や自立心を育てることができます。
そして、教師は子どもたちの学びのプロセスを見守り、必要なときには適切なアドバイスを行います。
また、モンテッソーリ教育が注目される理由は、以下のようなものが挙げられます。

  • 子どもたちが自ら学ぶため、学習意欲が高まる
  • 個々のペースに合わせた学習ができるため、無理なく学べる
  • 自立心や自己判断力が育まれる
  • 社会性や協調性を育むための取り組みも行われる

モンテッソーリ教育が向いている子どもの特徴

モンテッソーリ教育が向いている子どもたちは、以下のような特徴を持っているとされています。

  • 自主性や好奇心が旺盛で、自分で物事を探究したいという意欲がある
  • 自分で考えて行動することが好きで、自分の思考や行動に責任を持ちたがる
  • 個性が強く、自分の興味や関心に基づいて学ぶことができる
  • 社会性や協調性が育まれるような環境で育てたいという親の意向がある

モンテッソーリ教育の効果

モンテッソーリ教育がもたらす効果としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 子どもたちが自己学習能力を高めることができるため、将来的にも自己学習ができる人材として求められる可能性が高い
  • 自立心や自己判断力が育まれるため、将来的にも自己管理能力が高い人材として求められる可能性が高い
  • 個々のペースに合わせた学習ができるため、ストレスを感じずに無理なく学ぶことができる
  • 社会性や協調性が育まれるため、将来的にも社会で活躍するためのスキルが身に付く可能性が高い

まとめ

モンテッソーリ教育は、子どもたちが自らの能力を最大限に引き出すことができる教育方法であり、近年注目を集めています。
自主性や自立心を育むアプローチが取られ、子どもたちは自ら学び、自己判断力や自立心を育てることができます。
また、個々のペースに合わせた学習ができるため、ストレスを感じずに無理なく学ぶことができます。
モンテッソーリ教育は、向いている子どもたちにとって、将来的にも自己学習能力や自己管理能力が高い人材として求められる可能性が高く、社会性や協調性を育むための取り組みも行われます。
ぜひ本記事を参考に子どもの教育に取り入れていみてください。

この記事を書いた人
デジタネ編集部

「ライフスタイルとしての学び」を提供するEdTech Companyとして、最新テクノロジーを活かしたデジタル教育を提供。
マインクラフトやRobloxといった子どもに大人気のゲームを活用したプログラミング教材を提供する「デジタネ(旧D-SCHOOL)」を運営。また、小学校・中学校・高等学校向けにプログラミングやクリエイティブ授業を提供。

公式LINEの友だち登録限定!デジタネ公式LINEにご登録いただけると、今ならおトクな情報をお送りしています! 公式LINEの友だち登録限定!デジタネ公式LINEにご登録いただけると、今ならおトクな情報をお送りしています!